素敵な朝にカプセルコーヒー

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違い

眠気覚ましや集中力のアップ、休憩時間の息抜きなど様々なシーンで愛飲されているコーヒーには、数多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

それぞれのシーンによって選ばれるコーヒーも変わってきます。缶コーヒーやペットボトルのコーヒーなどは、外出先や移動中、屋外での作業の休憩時間にちょっとコーヒーが飲みたくなったという時に重宝します。

最近では飲みかけでも保存できるボトル缶タイプのものが多いので、営業の合間など、少し集中したい時などにも気軽に飲むことができます。自宅やオフィスなどで自分でコーヒーを淹れる場合、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの2種類が一般的に使われています。

レギュラーコーヒーはコーヒー豆を挽いて粉末状にしたもので、サイフォンやコーヒーメーカーなどでドリップすることで飲めるようになります。一方のインスタントコーヒーは、挽いたコーヒー豆からコーヒーの成分を抽出して乾燥させたもので、お湯を入れるだけで飲める手軽さが特長です。

大勢の人が集まる場合などは手軽にインスタントコーヒーを出すことも多いですが、オフィスの各部署など、人数がそこまで多くない場合は、香りが高いレギュラーコーヒーが好まれる場合も多いです。

コーヒー通の人にはレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いがすぐに分かる人も多いので、来客時などにインスタントコーヒーを出すとおざなりにされていると感じる人も中にはいるようです。レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いをしっかりと理解し、ふさわしい場でふさわしいものをチョイスしたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *