素敵な朝にカプセルコーヒー

レギュラーコーヒーを入れる際「蒸らし」が必要な理由

美味しくレギュラーコーヒーを入れるためには、「蒸らし」が必要とよく言われます。

この記事ではなぜコーヒーを蒸らすことで美味しくなるのか、その理由と、蒸らす際のポイントをお伝えしていきます。まず、蒸らしをする前にドリッパー、サーバーなどの抽出器具と、カップ&ソーサーやスプーンにお湯を注いだり、ボウルに入れて湯煎にかけて、温めておきましょう。

冷え切った道具やカップを使うと、注ぐお湯の温度を注意したとしても、実際お湯を注いだ際に、温度が下がってしまい、美味しさが損なわれてしまいまうので注意しましょう。レギュラーコーヒーを入れる際は、「蒸らす」ことは必須事項です。なぜかというと、蒸らすことによって、でコーヒー豆の内部にあったガスが外に出てきて、お湯になじみやすくなるからです。

このことでコーヒーの旨み成分を存分にに引き出してあげられるのです。もし「蒸らし」をしないでお湯を注いでしまうと、豆の組織が開いていないので、豆の周りをお湯が急いですべっていくような形になってしまい、レギュラーコーヒーの旨み成分を十分に抽出できません。ですから「蒸らし」は、コーヒーを美味しくいれるためには外すことが出来ないポイントなのです。

「蒸らし」の際のお湯の注ぎ方ですが、フィルター内のコーヒーに、なるべく低い位置から少しずつ、そっとのせるように注いでください。お湯を均等に粉全体に含ませるためには、間違っても、ドッと注いではいけません。量としては、20mlくらいが目安です。

サーバーの中に、ポタポタと数滴のコーヒーが落ちてきたらOKです。その後、約20秒ほど待ちましょう。この時間が「蒸らし」の時間です。20秒くらいで、豆全体は膨らみきったあと、しぼみます。これが完了したら、抽出作業に入りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です