素敵な朝にカプセルコーヒー

おいしいレギュラーコーヒーのいれ方

コーヒーの味は、いれる人によってかなり違うと言います。

それは人によって器具が違うからという事もありますし、お湯の温度や抽出時間が違うという事もあるでしょう。本当にちょっとした入れ方の違いで味に大きな差をもたらすこともあります。このように味にはっきり違いが出てしまうコーヒーだからこそ、基本となるいれ方をしっかりと覚えておくことが大切です。

コーヒーの入れ方をマスターするには、まずは1人用のドリッパーを使って1人分をいれて味を覚えていきましょう。というのは、一度に数杯分をいれてしまうと、味に差が出にくいからです。1人分の場合だと、いれ方によってこんなに味が違うということがはっきり実感できるのです。

まずは最もポピュラーである、ペーパーフィルターを使ったいれ方をマスターしましょう。レギュラーコーヒーの粉末は140cc(カップ一杯分)あたり、10~12gが適量と言われています。豆のひき方は中細挽きです。そして、抽出にふさわしい95℃前後のお湯を沸かします。目安はお湯が沸騰した時点で火をとめ、ボコボコした泡がおさまったころと覚えておきましょう。

次にフィルターをドリッパーに軽く抑えつけながらセットして、レギュラーコーヒーの粉を入れ粉の表面を平らにならします。初めにレギュラーコーヒーの粉全体に均一にお湯を約20cc程注いで、20秒ほど蒸らします。

蒸らしが終わったら、コーヒー粉の側面ではなく中心に、「の」の字を描くように、3回に分けて注ぎます。最初は80cc、2回目は40cc、3回目は20ccくらいがいいでしょう。あらかじめ温めておいたカップに冷めないうちに注いで出来上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です