素敵な朝にカプセルコーヒー

デカフェとカフェインレスの違いとは

最近コーヒーショップや、インスタントコーヒーのパッケージなどで「デカフェ」「カフェインレス」という単語をよく目にします。

さらには「ノンカフェイン」という単語まで出てくると混乱してしまいます。では、「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」の違いを比べてみましょう。まず「ノンカフェイン」は文字通りカフェインが含まれない事を意味します。

小さな子供や妊娠中の方は、出来るだけノンカフェインを選ぶ方がいいでしょう。では、「デカフェ」と「カフェインレス」には少量のカフェインが含まれているという事になります。「デカフェ」とは、元々カフェインが入っていたものからカフェインを抜いたものを指します。

その方法にもいくつか種類がありますが、日本では主に水を使う方法と二酸化炭素を使う方法が主流です。薬品を使う方法もありますが、日本では禁止されています。カフェインを取り除く方法として1番安全であり、なおかつ風味が損なわれないのは二酸化炭素を使う方法です。

コストが高いのでその分値段も上がりますが、消費者の安全意識が高い日本では各企業がその安全性をアピールするために明記している事も多いです。「カフェインレス」とは、カフェインがゼロに限りなく近いものを指します。

欧州基準として0.1%以下という厳しい基準が設けられています。カフェインを抽出し、含有量が欧州基準まで下がったものを「カフェインレス」と呼んで差支えないようです。日本では明確な基準が設けられていない為、「カフェイン99%カット」などのように数値が記載されている事の方が多いです。

最近では、インスタントコーヒーの「デカフェ」「カフェインレス」も増えてきましたので、1度試してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *