素敵な朝にカプセルコーヒー

妊娠中にはデカフェがおすすめ

妊娠中に食べた物は、胎盤を通って、赤ちゃんに送られます。

食べ物の中には、赤ちゃんに悪影響を及ぼす物もあり、妊婦は食べ物に敏感になります。カフェインは、1日1杯くらいなら大丈夫、摂り過ぎ無ければ良いとされています。でも、大事な赤ちゃんに何かあっては大変です。やはり気にする方は多いです。しかし、カフェイン入りの飲み物は、沢山あります。緑茶、紅茶、ほうじ茶、コーヒー、コーラ、ココア等、カフェインの含まれる量は違えど、様々なものにカフェインは入っているのです。

いくら子供の為とは言え、ご飯を食べる時、ちょっと一息つきたい時にコーヒーやお茶を飲めないのは、辛いですね。お腹の中に赤ちゃんがいることで、身体がだんだん変わり、思うようにいかなくなることも出てきます。ストレスも溜まります。そんな時にこそ、デカフェの飲み物でリラックスすることをおすすめします。デカフェとは、香りや味をあまり落とすことなく、カフェインだけを減らした飲み物のことを言います。尚、カフェインは、0ではなく、ごく僅かですが含まれます。デカフェには、主にコーヒーや紅茶、緑茶等が売られています。味も通常の物と、あまり大差はないです。

人によっては、マイルドな優しい味と感じるかもしれません。妊娠中は、体調も安定しないし、色々気をつける事も多く疲れることもあります。体重コントロールしないといけないけど、時々甘い物食べたいと悶々とすることもあるでしょう。そんな時は、フレーバーティーがおすすめです。紅茶専門店等に行くと、色々な香りのデカフェの物があります。様々な種類があるので、自分のお気に入りのを見つけるのも楽しいですよ。赤ちゃんの為にも、デカフェ等を上手に使って、妊娠中でも我慢し過ぎることなく、笑顔で過ごせるといいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *