素敵な朝にカプセルコーヒー

デカフェとは何のことか

デカフェというのは、本来カフェインが入っているはずのものについて、何らかの方法によりそのカフェインを取り除いた製品を指します。

英語のde-caffeinatedの略で、decafと綴られます。ちなみに英語圏でデカフェといってもなかなか通じません。これはフランス語由来の発音になっているためで、英語での発音をカタカナにするとディーキャフというのが最も近いようです。この言葉の本来の意味からして、その製品とは別にコーヒーには限りません。

カフェという言葉からコーヒーを思い浮かべることが多いでしょうし、実際にカフェインが入っている代表的な飲み物としてコーヒーが挙げられるでしょうから、デカフェとはカフェインの入っていないコーヒーと思われることが多いのは事実ですが、本来の意味はそうではないわけです。紅茶やお茶、コーラなどにもカフェインは入っていますし、そのような飲み物からカフェインを取り除いたものもやはりデカフェであることに変わりはありません。

ちなみにカフェインの取り除き方ですが、コーラのように人工的にカフェインを添加して作られているものは別にして、コーヒーにせよお茶にせよ植物としてのコーヒー豆やお茶の葉にそもそもカフェインが含まれていないものを育種する試みはまだ成功しているとは言えません。そのためどうしても後から化学的な手法でカフェインを取り除くことになります。その際、やはりカフェインのみを100%抽出し、かつ他の有用な成分は全く取り除かないというのは実際にはなかなか難しいようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *