素敵な朝にカプセルコーヒー

知っておきたいレギュラーコーヒーの豆知識

レギュラーコーヒーとはコーヒー豆を焙煎して挽いて粉にした状態のものをいい、抽出器具で濾して飲んでいきます。

ハンドドリップやコーヒーメーカーなどで使用されて、味わいや香りに大きな影響を与えるのが特徴です。さまざまな産地の豆をブレンドしたもの、モカやブルーマウンテンなど産地によって分けられたものも、すべてレギュラーコーヒーです。レギュラーとは「正式」を表しており、同じように見えますがインスタントコーヒーとは違っています。

そもそもレギュラーコーヒーという名称が使われるようになったのは、19世紀末にインスタントコーヒーが実用化されたことで、区別が必要となり使われるようになりました。最大の違いはレギュラーコーヒーは水に完全に溶けることはなく、インスタントコーヒーは水に溶けます。

また和製英語になり海外では通じず、英語圏ではホットのブラックコーヒーを指す場合が多いです。ニューヨークやカナダでは砂糖とクリーム入りのホットコーヒーのことになるので、海外旅行の際は覚えておくと困らずに済みます。気を付けたいのは粉になっていることで酸化が早く、密閉容器で保存しても少しずつ劣化していきます。

可能なら飲み切れる分を焙煎して粉にしてもらうのが良く、自宅で保管する時には冷凍すると良い状態を維持することが可能です。コーヒーは生鮮食品、そう考えておくと保存方法も納得できます。できれば少量を買い求めて、劣化する前に使い切るのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *