素敵な朝にカプセルコーヒー

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違い

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの区別がつかないという人がいますが、どんな違いがあるのでしょうか。

そもそもインスタントコーヒーは焙煎したコーヒー豆からコーヒー液を抽出してそれを乾燥された粉を、お湯を注ぐだけで簡単に飲むことが出来るようにしたものです。一方でレギュラーコーヒーはこうしたインスタントコーヒーと区別するために生まれた言葉で、焙煎した豆からコーヒー液を抽出する方法そのものを呼びます。

インスタントコーヒーは粉をコップに入れてお湯に注ぐだけなのでとても簡単にコーヒーを飲むことが出来ることが最大のメリットですが、味が焙煎したコーヒー豆からそのままコーヒー液を抽出するレギュラーコーヒーに比べると味や風味が断然に劣ってしまうというデメリットがあります。

そういった意味でも、レギュラーコーヒーはインスタントコーヒーに比べると手間もかかりますしゴミも毎回出てしまいますが、コーヒーそのものの風味や香りを楽しむことが出来るという意味でもとてもおススメです。また、レギュラーコーヒーは豆を自宅で煎ってそのまま挽いて、自分で好みの抽出を楽しむということもでき、とことんこだわりたい人は自分の好みに合ったコーヒーを入れることができます。

もちろん美味しいものが飲みたいけれどそこまでするのはさすがに面倒という人も多いかと思います。そういった場合にはあらかじめ豆を挽いた状態で売っていたり、お店で豆を挽いてもらえたりするので、できるだけ挽きたての豆を利用して作ることでより美味しく入れることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *