素敵な朝にカプセルコーヒー

レギュラーコーヒーのおいしい淹れ方

ゆっくりと時間をかけてコーヒーを淹れる時間は、それだけで満ち足りた気持ちになります。

いつも忙しくインスタントコーヒーしか飲めないという人も、時間があるときはレギュラーコーヒーを淹れてみましょう。レギュラーコーヒーの淹れ方は、ペーパードリップ式、ネルドリップ式、サイフォン式、エスプレッソ式があります。

サイフォン式とエスプレッソ式は専用の装置がなければ難しい方法ですが、ペーパーとネルドリップ式は、基本を押さえれば初めての人にも、簡単に本格的なコーヒーを淹れることができます。まずコーヒーの粉は、きちんと定量分を計量スプーンなどを使って計っておきます。カップ一杯あたり10gから13gが適量です。

そして、器具とコーヒーカップはあらかじめ温めておきます。湯は沸騰したばかりのものではなく、少し落ち着かせてから使います。粉全体に湯が行き渡るように少しずつ注ぎ、じっくりと蒸らします。ここで急いで湯を注ぐと、粉の膨張が足りず、コクのあるコーヒーに仕上がりません。粉がふっくらとしたら、数回に分けて湯を注ぎ、3分ほどでポットにコーヒーが落ち切るようにします。注意点は、ペーパードリップの場合は、一つ穴式と三つ穴式があることです。

湯の落ち方が違うので、抽出する速度が変わってきます。器具に合った湯の注ぎ方をしましょう。またネルドリップの場合は、抽出後のネル袋の取り扱いに気を付けましょう。洗剤を使わずによく水洗いし、袋を水に浸けた状態で冷蔵庫で保管します。これは乾燥したときに、残ったコーヒーの脂肪分が酸化し悪臭を放つことを防ぐためです。このようにレギュラーコーヒーは、基本的なポイントを覚えておけば簡単に楽しむことができます。ぜひ豊かな香りのおいしいコーヒーを飲んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *