素敵な朝にカプセルコーヒー

レギュラーコーヒーの特徴や他のコーヒーとの違い

レギュラーコーヒーという表記はスーパーなどでよく見かけますが、どんなコーヒーなのか理解して購入している人はどれぐらいいるのでしょうか。

レギュラーコーヒーとはどんなコーヒーなのかと言うと、100%焙煎されたコーヒー豆の事です。正式なコーヒーという意味があり、豆のままのコーヒーでも挽いてあるコーヒーでも同じ呼び方で呼ばれています。インスタントコーヒーが実用化されたのは19世紀末です。ですので、それまでのコーヒーと区別する為にレギュラーコーヒーと呼ばれるようになったのです。

インスタントコーヒーは水に溶けますが、レギュラーコーヒーは完全には溶けません。他にもいろいろな種類のコーヒーがあるので、それぞれの違いを知っておくと良いでしょう。ブレンドコーヒーは、違う種類のコーヒー豆を混ぜています。同じ産地のコーヒー豆の場合でも、焙煎度を変えて混ぜている場合があります。

配合率は自由ですが、守らないといけない条件もあります。例えばコロンビアブレンドの場合は、コロンビア産のコーヒー豆を30%以上使わないといけません。ストレートコーヒーはブレンドコーヒーと違って同じ豆が100%使われています。

同じ国の場合でも地域や農園、品種や精製方法などによって細かく分けられている事が多いです。それぞれの違いを知っていれば、コーヒーを飲む時の楽しみが広がるでしょう。いろいろな種類のコーヒーを飲んでみて、自分の好きな味を見つけると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *